Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
あなたはどのタイプ?リーダーに適した「燃える」人

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

あなたはどのタイプ?リーダーに適した「燃える」人

スポンサーリンク

こんばんは、@hirock884です。

 

突然ですが、
人にはこの3つタイプがあります。

 

それは、、

①自分自身で燃えて行動して行く人
②他人から火をつけられて、燃えて行く人
③燃えない人

 

あなたは、どのタイプでしたか?
自分で燃えるタイプ?それとも他人から影響を受けるタイプでしたか?

 

自分はドラムに出会うまで3番の「不燃性」でした。

何もしたいことがなく(と思い込んでいただけ)
「燃える」事がなかったんですね。

それから、周りの仲間に火をつけられ「他燃性」になり、
消えて不燃性になったりと繰り返し。

念のため言っておきますが、
この3つのどれがいいっていう話ではありません。

 

【あなたの「やる理由」が自燃性を加速させる】
〜理想は「自燃性と他燃性」でありたい〜

 

 

何の理由もなく、何の感情なく燃える事は難しいと思います。

自分自身で「燃える」何かを取り組み、
その周りの仲間の姿を見て、さらに「燃える」

孤独な状況下であっても、それが自分自身で燃え続けるのが理想です。

それはあなたが「やっている何か」を「やる理由」が
明確になっている事が前提条件となります。

 

 

【常に「何の為に?」と問い続ける】

それが自分の夢なのか?
それとも大切な人のためなのか?

自分自身を変える為なのか?

それはどんな理由であろうと、自分が納得していれば、
「立派な燃える理由」になります。

ただ、いったん火が消えると、再び燃えるのは困難になります。
年月が経てば、経つほど。

そうならない為にも
必要なのが「他燃性」です。

人は一人では生きて行けません。

だからこそ、周りの刺激は大切です。

実際に自分の周りにいなくても、遠く離れていても同じです。

前向きな人たちと交流があるだけで刺激になりますよね!

「自燃性」と「他燃性」の人間になれれば、
より良い人生、日々の生活が過ごせるんです。

 

如何でしたでしょうか?
コメントなども受け付けております。
Facebookやツイッターなどのボタンも押して頂くと嬉しいです。

それでは、simple is lifeを♪

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,544人の購読者に加わりましょう

カテゴリー