Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
人生の3つの坂に対する考え方

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

人生の3つの坂に対する考え方

スポンサーリンク

どうも、@hirock884です。

 

今日は人生の3つの坂についてです。

当然ですが、生きていると様々な事に遭遇します。

自分を痛めつけているかのような試練だったり、

苦労が報われて何か物事を達成したり、

本当に色々です。

 

 

【「上り坂・下り坂」もう一つは「まさか」】

 

 

時には、想定外の事も起きるかもしれません。

それが「まさか」です。

「なんでこうなってしまったんだ!」と嘆いたり、残念に思ったりと
いろいろな感情が錯綜するでしょう。

 

・順調に行っていた仕事が、伝達ミスで台無しになってしまった。

・順調に付き合いをしていた交際相手に突如フラレてしまった。

などなど、何の問題なく進んでいた事ほど、「まさか」が起こりやすいように

思います。

 

 

私が思うに「これは必然」です。

なるようにしてなったんだと考えます。

当然防げればいいのですが、なってしまったものは変えられないのは事実です。

ですが、なってしまって「全てマイナス」ってことはないはずです。

 


 

【ポイント】
「まさか」で何かを失ったとしても、別のところで何かを得ている事って
よくありませんか?

 


例えば、恋人との別れは掛け替えのないパートナーを失うことになります。
ですが、「経験」と「自分の時間」と言うものが
手に入る事になります。

 

逆もまたしかり。
当たり前のようで、意外に気づいていない事実。
まだあると思います。

 

例えば、「就職」
これは、自分の時間と労力をお金と交換する事を意味します。

得れるもの・失うものは分かりますよね?

 

このように考えれば、仮に何かを失ったとしても一方で得れるものが
必ずあるという事が理解出来ると思います。

 

今起きている出来事は「自分に何を伝えようとしている」のか?

この考え方が、「まさか」に転がされない秘訣となります。

それでは、まとめます。


 

【まとめ】

・「まさか」な出来事に見舞われたら、「必然」と考える。

・一方で何か失っても、必ずどこかで「得ている」

 それはあなたにとって必要なものかもしれない。

 

それでは、simple is lifeを♪

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,544人の購読者に加わりましょう

カテゴリー