Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
いい人をやめるためのコツとは?

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

いい人をやめるためのコツとは?

スポンサーリンク

 

今回は「いい人をやめよう」についてお話をしていきます。
「いい人過ぎて信用出来ない人にならないための方法」についてです。
 
このビデオでは、「いい人の陥りやすい危険」について
話していますので、
・最近疲れている
・人間関係に憤りを感じている
 
方にとってはためになる内容です。
ぜひ最後までご視聴ください。

 

 

動画で見る

 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いい人
みなさんはどんなイメージを持ちますか?

日本人に多く見られる人種のようなイメージがあります。
周りからは「いい人だね、あの人」と思われていても
自分自身は「疲れた」と内心思っている事が多いでしょう。

 

特に会社で嫌な先輩や上司に笑顔振りまいているような方は特につらいと思います。

 

そんな方が多いのではないかと思い、

「それでも「いい人」を続けますか?「ぶれない人」になるための成功法則48」

潮凪洋介さん 中経出版 

より、かいつまんで私の意見を交えてご紹介して行きます。

それでは早速

 

 

 

信用出来る人は本音を言う

 

(引用)
いい人はマナーを良く振る舞うことしか頭にない
ぶれない人はマナーを重視しながら自分の感情を豊かに表現し
バカにもなる。

 

 

私が今まで見てきた中で後者の方は、信頼が出来るし仕事も出来るという方ばかりでした。

皆さんの周りにはこう言う方、一人はいるのではないでしょうか?

 

特に初めて逢う方には特にマナーは気をつけたいところ。
ですがマナー重視になってガチガチの硬い人とは思われたくない事でしょう。

 

そのためには、本音を言う必要があります。
自分の感情をさらけ出す一面があったほうが人に好かれるからです。

 

隠せば隠すほど嫌われる事はありませんが、好かれる事もありません。

 

あなたが本音を小出しにすればするほど、あなたのファンは増えて行き
反対にそれによって離れて行く人もいる事も事実です。

 

ですがそれでいいのです。
あなたの周りには「あなたのファンだけしか」残らなくなりますから。

 

その方が人生は楽しいもんですよね!

 

 

会話の中に2割ぐらいは本音を入れる

 

 
 

 

だからと言って、本音ばかりを言っていては大変です。
それはただのバカになってしまいます。

 

一番賢いのは「会話の2割」に留める事。

 

例えば初対面の人と話すときは、8:2で相手に話をしてもらい
2割の中で本音をさらりと言うようにしてみて下さい。

 

自分は大して話してなくても「とても面白い人!」と思われる事でしょう。

好かれる為には話さなくてはいけないと思いがちですが、そうではないのです。

 

そういったテクニックを使いつつ、あなたの本音を語って下さい。

そうすれば気がついた時には「ファン」があなたの周りにいることでしょう。

 

 

最後に

 

Step①親しき仲こそ本音あり。
Step②会話の中に少しだけ本音を言う場面を創る

 
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,543人の購読者に加わりましょう

カテゴリー