Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
あなたの解釈の仕方で全てが変わる!

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

あなたの解釈の仕方で全てが変わる!

スポンサーリンク

 

今回は「解釈の仕方」についてです。
*この記事では「選択する時に念頭において欲しいポイント」をご紹介します。

”事実は一つ、解釈は無数”という言葉があるように、
人によって解釈の仕方は十人十色です。

 

目の前に起きた出来事はたった一つ、
それに対して解釈の仕方は無数に存在します。

その出来事に対して次の行動をどう選択するかは
解釈の仕方によっても左右されるのではないでしょうか?

 

 

答えは誰かに教えてもらうものではない

 

 

現代は”答えの無い社会”とも言われています。
モノ・情報が錯綜していて、それに振り回されたり溺れたりしがち。

 

その中で、「答えを見つけたい」「進むべき道を知りたい」と
答えを求める事もあるでしょう。

 

ですが、それは他人聞く事ではありません。

 

あなたが直面している現状に対して、そこから正解を導きだすのは
他ならぬ「あなた」なのです。

答えとは解釈。

 

どう感じたのか?
最前を尽くす為にはどうすればいいのか?

それは既に答えが出てくるでしょう。

 

 

 

問題は「何があったのか?」ではなく
「どう解釈したか?」

 

 

「〜〜があったから、今のような状態になった」
この考えでは良い選択は出来ないでしょう。

 

それは目の前の出来事が原因がこのような結果を生み出したという考えより、

「そこから何が出来るのか?」という解釈の方が建設的ではないでしょうか?

 

その出来事を起点として”次”に目を向けるような考え方を強くお勧めします。
それは「受け止める」事と同じです。

 

いったん受け入れて、次への動き出すにはどうしよう?と考えてみて下さい。

起きた出来事に執着するのではなく、それを足がかりにするイメージがベスト。

これが判断する時に大切にしたいポイントです。

 

 

まとめ

 

・解釈はあなた自身だけのもの。
・その出来事を起点に次へのステップにする。

 

実にシンプルですよね!
ぜひ試してみて下さい。
それでは

 

 (*トップ画像はこちらからお借りしました)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,543人の購読者に加わりましょう

カテゴリー