Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
これからは「クリエイティブ給」が主流となる その理由

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

これからは「クリエイティブ給」が主流となる その理由

スポンサーリンク

 

 

今回のテーマは「クリエイティブ給」についてです。

この記事を読んで頂く事によって

・時間給とクリエイティブ給の違いが把握出来て、
・あなたしか提供出来ないスキルを見つけるきっかけになります。

 

企業の評価基準は実に曖昧で、時間給と実力給(クリエイティブ給)が
混じっている状態なのです。

 

会社で成果を出して評価されていたとしても、その個人のスキルが高いとは限らないのが現状です。

それでは進めて行きましょう。

 

 

時間給とクリエイティブ給の違い

 

 

 

文字通り、時間いくらで契約し労働する制度を言いますが、
私たちの多くは「時間給」で働いている事がほとんどです。

役職などあれば月給という制度になりますが、そこまで多くはないでしょう。

 

反対のクリエイティブ給は、「実力給」の事をいいます。
これはあなた自身のスキルによって成果が上がった部分に対して
支払われる報酬になります。

 

時間とスキル、とても結びつかないようなこの二つですが
近年は「スキル型(成果報酬型)」を採用する動きが高まっているのをご存知でしょうか。

 

国自体もその動きをしています。(今は一部に対してですが)

労働時間を基準にした場合、「過労働」で心身に支障をきたす場合が
深刻な社会問題となっているからです。

 

それを是正しようとしているからなんですね。

 

「「実力給」って今でもある会社あるじゃん」

 

 

と声が聞こえてきそうですが、冒頭でもお話しした通り、「実に曖昧」なのです。

 

会社で通用するスキルは限りがあり、多くの場合会社の意向として
営利活動を行うのが現状です。

 

ここで言っているのは「個人のスキル」であって、会社というフィルターを

通したスキルではありません。

 

会社で通用するスキルがある人=最小単位(あなた一人)で通用するスキルではないという事。

いくら会社で通用するからといって、途端に独立して通用するとは限りません。

 

だからこそ、会社はもちろん、プライベートで通用するスキルを今から持っておく事を

強くオススメします。

 

 

 

いかに付加価値を生み出す事が出来るのか?

 

 

 

「自分は雇われて仕事をしている」という考え方を一度リセットし、
個人として企業に対してスキル提供をしているという考え方へ転換する事が、
「付加価値を生み出す」ポイントになります。

 

【雇われる=会社の支持には最低限従う必要が出てくる】
これだと自分のスキルを活かすどころの話ではないんです。

 

 

誰がやっても成果に変わりがない業務、システム化によって
省く事が出来る部分には時間給を採用するのはいいでしょう。

 

それをシステム化する業務は効率化する事が難しく、
スキルを持った人間しか携わる事が出来ないのが現状です。

 

個人が「システム化するスキル」を持っていれば
企業に対して売り込みを掛ける事が可能になりますよね。

 

取って替えられる仕事ではなく、「その人しか出来ない」仕事を

持っているかどうかが「クリエイティブ(給)」なのです。

 

その会社だけしか使えないスキル以外何も持たないのは、ナンセンス。

クリエイティブとは個人スキル提供型の考え方であり、
これから必要とされてくる働き方になります。

 

ロボットや外国人労働者に取って替えられる事がないよう、
スキルを持ち合わせていたいですね。

 

 

【まとめ:クリエイティブになるためには】

 

 

Step①時間給とクリエイティブ給の違いを理解しておこう
Step②あなたが他人に提供出来る得意な事はなんですか?
一つはあるはずなので、書き出してみて下さい。
Step③そのスキルのレベルを高くして価値を生み出せるように
準備しておこう

いかがでしょうか?

 

成果だけしておけばいい、厳しいとも楽ともとれる時代に突入しています。
あなたも人に役立つスキル持っていますか?
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。
コメントや質問も受け付けていますので、ぜひ。

 

 

(*トップ画像はこちらからお借りしました)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,543人の購読者に加わりましょう

カテゴリー