Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
信じるな!疑うな!確かめろ!ビジネスには時流がある理由

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

信じるな!疑うな!確かめろ!ビジネスには時流がある理由

スポンサーリンク

どうも、@hirock884です。
今日は「ビジネスの時流」についてです。

時流とは「大衆社会において、同じ好みや価値観にながれること」です。

昔から同じような時代がなかったように、ビジネスにも価値観が移り変わります。

 

自動車産業→IT産業→健康・ウェルネス→ゲノム

 

かの有名な「Google」が医療産業へ投資をしているのをご存知でしょうか。
メールやタブレット、検索エンジン、自動運転など、様々な開発をしていますが、

医療ベンチャー企業「カリコ(Calico)」を立ち上げています。

アメリカではすでに個人の遺伝子を調べて、この先5年でかかる病気が
分かるようなサービスがあるんです。

そのサービスを提供しているのが、IT産業が出資した会社であるってことなんです。

時代はどんどん移り変わり、IT関連の会社は次の分野への「投資」を
始めています。

 

蒸気機関車、自動車などの工業で飛躍的に国、産業が伸びた時代がありました。

それは既に「普遍化」して大衆的なものとなり、成熟していますが、

いまだ国の産業を支えているのも事実です。

その次に表れたのが、「IT」です。

インターネットを使ったビジネス、サービスが爆発的に伸び、既に一般的ですよね。

で、今が主流なのが「健康産業」です。

フィットネスや、サプリメントなどを扱うビジネスが流行っています。

 

ビジネスには共通点がある

 

 これからをみて共通点があるのに気づかれましたか?

それは、「時代によって求められるニーズ」が違うという事です。 

現代社会は、モノや情報は溢れるほどあり、特に不自由の無い生活が出来ます。

知りたい情報、欲しいものは手を伸ばせば得る事が難しくない時代。

それは「成熟」している事を意味します。

よくよく考えれば日本の市場は成熟しています。

戦後の高度経済成長期から、バブルを経て爆発的に成長してきました。

成長しないのなら、自分たちが頂いている「給料」も上がらないのは

当然かもしれません。

 

そこで生まれたニーズは「健康」です。

長生きしたい。

医療費も高いから、健康体でいたい。

などのニーズがこの時代背景から生じて来たわけなんですね。

 

この次は「ゲノム」。そう「遺伝子」
Googleの医療ベンチャーへの出資や、健康ブームから見ても

「長生き」というニーズを確実にとらえています。

 

「予防医学」が主流に

 

これから流行るであろうものに、誰も始めていない事を
コツコツと始めて成果を積み重ねた人、分野が伸びるんです。

ビジネスで成功したいなら、

・これからどのようなサービスが流行るのか?

・win-winの関係が築けるか?

・時流にあった働き方なのか?

大きく分けてこの三点にフォーカスして捉えて見ては如何でしょうか。

そうすれば、自ずと見てくる分野があると思います。

医療や健康に関するビジネス、ITを駆使した新しいサービス、

または「集客」システムを提供するビジネスなど

考えられるものはたくさんあります。

その際は一番大切なのは「信じるな、疑うな、確かめろ」です。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,544人の購読者に加わりましょう

カテゴリー