Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
成功するためには志が必要な理由

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

成功するためには志が必要な理由

スポンサーリンク

 

今回のテーマは「なぜ野心だけでは成功できないのか?」についてお話ししていきます。

この記事では、

・成功すると人が離れていく理由

・志と利益のバランス

について

理解できますので最後まで読んでみてください。

 

 

なぜ野心だけでは成功できないのか?

 

 

野心イメージ

 

あなたは野心って持っていますか?

野心とは「ひそかに抱く、大きな望み。また、身分不相応のよくない望み。野望」のことです(コトバンク参照)

 

例えば、

「政治家になりたいという野心」

「起業したいという野心」

「会社で出世したいという気持ち」

 

あなたが「〜〜になりたい、したい」というもののことです。

言い換えるなら「成功」ということ。

 

一度読みながら想像してみてください。

 

 

あなたは成功とはなんだと思いますか?

「成功=社会に価値を与えているか or 周りを騙している」のどちらかということです。

後者が「野心だけ」で突き進んだ結果陥りがちな状態。

前者は本当の成功。

 

 

 

では、野心がどこから来ているのか?

それは「あなたの欲望」から生まれています。

 

人間は「欲望」の生き物です。

これに対して、良いとか悪いとかはありません。ごく自然なコトですよね。

 

その思いが強ければ強いほど相手に伝わります。

どんなに隠しても「想い」というものは雰囲気から滲み出ます。

 

そこに一時的には人は集まるコトもあります。

ですが上手くいかなくなると潮が引くように人が離れていきます。

よくあるような話ですよね。

 

あなた自身はその野望に燃えて行動していますが、個人としての想いだけにしかなく

周りにしてみれば、「上手くいったらラッキーな立ち位置にいられるな」という具合にしか

考えていないのです。

 

個人的な欲求はあくまで個人のものなので周りのために・・・という気持ちはどうしても

弱くなるんですね。

 

相手が好きだという気持ちは「あなたが好き」ということでしかなく、

相手にとってみれば「嫌い」かもしれません。

野心は一方通行のものでしかないんです。

 

残念ながら一人で成功するというのは人間社会の社会性から見ても不可能。

周りを幸せにしない限り、成功したとしても「お一人様」というコトになりかねません。

 

 

 

どこかのタイミングで野心を「志」に入れ替える

 

志イメージ

 

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

それは野心→志へ転換するコトが重要になってきます。

Appleの故ステーブジョブズも最初は「こういうモバイルが作りたい!」という野心(欲求)から

スタートしたはずです。

誰もが通る道なのでしょう。

 

それは良いのですが、それに協力してくれる仲間や組織が必要になります。

それには「俺はこうしたいんだ」と言い張っていたとして周りに伝わるはずがありません。

 

相手も理解しようともしません。

そしてお客さんも共感するはずがなく、買おうとも思わないでしょう。

 

AppleのiPhoneがAndroid携帯よりも売れ行きが良かったのは

お客さんに「志(ビジョン)」が伝わって共感されたからではないでしょうか?

 

「俺(私)は〜〜したい」でスタートして

夢中になっていって気づいたら、

「俺は(私)は〜〜で周りを幸せにしたい」と外側へと視点が移るタイミングが

あるんです。

 

これは人によってタイミングは違ういます。

例えば、

最初は「稼ぎたい」と思って副業をスタートした人が

のめり込んでいくうちに

「起業して多くの人にうちの商品やサービスを使って喜んでもらいたい」という

志になるようなイメージです。

 

 

ですが、志だけではビジネスは続きません。

ある程度利益を求める必要がありますよね。

 

利益(お金)は価値やサービスに対しての対価であり評価基準です。

 

孔子も「君子財を愛す」とお金儲けは認めているが、このあとに

「これをとるに道あり」と続きます。

 

欲望だけのビジネスと志があるビジネスでは方法や手段が違いますよね。

wn-winで成り立つビジネス(正しいビジネス)さえしていれば

どんなにも設けても後ろめたさがないということなのです。

 

仮に野心でビジネスを失敗したら人はいなくなりますが、

志を持って適性な利益を得ていて、途中で失敗したとしても

人は残ることでしょう。

 

これは価値を与えていたか?そうではないかの違いです。

 

 

 

まとめ

 

 

・野心から志へと転換するタイミングがある

・志へと変わったと認識したら利益を追求しバランスよく価値提供できたら人は離れない

 

人は一人では成功できません。

多くの人の支えがあって成り立つものなのです。

当たり前ですがビジネスを始めると周りが見えなくなりがちですよね。

ふとした瞬間に気づいて修正していけたらいい方向へ進むはず。

 

ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,544人の購読者に加わりましょう

カテゴリー