Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/simple-life884/www/simple-life884.sakura.ne.jp/wp-includes/plugin.php on line 601
あなたは大丈夫?負けるやつの3つの共通点

ライフハック・ビジネス・生き方・考え方に役立つ情報をお届けするブログ

あなたは大丈夫?林修先生に学ぶ!負けるやつの3つの共通点

スポンサーリンク

どうも、@hirock884です。

 

今日は、「今でしょ!」でおなじみの

林修先生から「負けるやつの共通点」です。

林修 simple is life

現代文の観点から見た、現代で負けるやつの共通点。

それは、意外にも簡単なことでした。

どうせなら、負け犬になりたくない!と思っているあなたは、

必見です。 

 

★負ける奴の共通点(敗因の三カ条)

1・情報不足
2・慢心
3・思い込み

*歴史上、負ける人物には3つの共通点があったそうです。
 

 

この共通点は確かに負けそうです。

まずは、
1.一つ目「情報不足」

情報不足 simple is life

 

「情弱」という言葉が出て来たほど、
この世は「情報社会」になっています。

その中で「知らなかった」では済まされないような情報が
あるかもしれません。

時代の流れが速い現代にとっては、情報を取っていたもん勝ちです。

これは一種の天気予報のようなもんですから。

雨が降ると変わっていたら、傘を準備しますよね?

それと同じです。

 

 

【情弱にならないために】
・スマートフォンでニュース関係のアプリで情報を得る
・気になったらすぐに「ググる」
・聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥と思ってプライドを捨てて聞く
・情報を持っている人と交流する。
・そして、実際にそれを調べてみて、自分の意見を持つ。

 

 

そして、

2.「慢心」   慢心とは

慢心 simple is life

 

自分自身がどんな状況であれ、慢心は禁物です。
それは、「現状に満足して成長が止まる」からです。

少し結果を出したからと言って慢心していると、

足下をすくわれてしまったという話は往々にしてあります。

世の中で結果を出している人は、慢心という言葉はきっとないでしょう。
常に前に、前に進み続けているはずです。

 

また、自分で「慢心しているな」と気づく事も大切です。
これは自己管理の分野になりますが、気づいて直せる人は
そうそういないでしょう。

 

【慢心しないために】
・自分が今どんな心理状態なのかを把握する
・目の前の成果に喜んだりしない(あくまで通過点)
・人生は今の積み重ね(慢心している場合じゃない)

 

最後の

3.「思い込み」

思い込み simple is life

物事を多角的に見れていないと、思い込みしがちになります。
自分では「きっとこうだ!」と思っていても、事実は違う事が
多々あります。

 

人は知らずのうちに「これでいいんだ」と思い続けて、
それが本当にその通りになってしまっている場合があるんです。

 

最初は「こうであってほしい」、それが次第に「こうなんだ」と
なる。

例えば、ファミレスで大声で話している若者がいて、

それに対してイライラしてしまったら、「ファミレスは静かに食事を楽しむところだ」という
思い込みがあるということになります。

 

これは、「ファミレスは静かにしてほしい」が
「ファミレスは静かにするべきだ」というふうにすり替わっている可能性があります。

 

 

【思い込まないために】
・「〜〜べきだ」はやめよう
・自分自身がなぜそう思うのか自問自答してみる
ex.現状を打破出来る解決方法はこれしかない!
 →本当にこれだけしかないの?ほかにはない?など。

 

いかがでしたでしょうか?
「負けるやつの共通点」でお届けしましたが、
この3つでの敗因は避けたいところです。

 

今ご自身で当てはまるところが、あれば改善しましょう。
それをやるなら・・・?

「今でしょっ!」

それでは良きsimple lifeを♪

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

 

 管理人

初めまして、管理人の@hirock884です。        当サイトでは、 ライフハック・書評を 中心とした    ブログです。   どうぞ、宜しくお願い致します。            

管理人プロフィールはこちら

Twitterでフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスをご記入頂ければ、更新をメールでお知らせします。

1,544人の購読者に加わりましょう

カテゴリー